禁煙して3年。私がタバコをやめた方法

Pocket

はじめに

私について

  • タバコは10年以上、毎日1箱程度、吸っていた
  • 禁煙を試みたのは10回以上(どころではない)
  • 意思は強くはない(ここ重要)
  • 銘柄は マイルドセブ6mm ⇒ メビウス1mm ⇒ アメスピ3mm (その他いろいろ)

効果がなかったもの

  • 電子タバコ
  • 禁煙セラピー(書籍)
  • ネオシーダー(薬局で売っているたばこ型の咳止め薬 ※わずかにニコチンを含む)
  • アメスピ禁煙法(ただアメスピ自体は使用します)

禁煙外来は行っていません。
飲み薬を使うところがあるということで、利用しませんでした。

どうやって禁煙したか

使用したもの

  1. アメスピ
  2. 禁煙パッチ
  3. ニコチンフリー(ニコチンが入っていないたばこ)
    私は「ヨモギたばこ」を使用

方法

1. 吸っている銘柄をアメリカンスピリッツに変える

よく言われる「アメスピ禁煙法」というやつですね。
タバコにはニコチンの他に何百という「添加物」が入っていて、その添加物も体に悪いと言われています。そしてさまざまな添加物の中にはニコチンをより依存させやすくするためのものを含んでいるそうなのです。

アメスピは、「無添加」のたばこを売りにしているたばこで、この「アメスピ禁煙法」というのは、まずは依存を促進している添加物を取り除こうとする禁煙法です。

純粋にニコチン依存だけなら、意思で止められるのではという考えから広まっています。

私はアメスピに変えて、1年以上経ってもやめられませんでした。
(意志が弱いのかもしれません)

2.ニコチンパッチに頼る

私が利用したのは、シガノンで、「STEP1」のみの使用で済みました。

 

ちなみに私は、シールのフィルムを半分だけ剥がし、フィルムを半分切って皮膚に貼っていました。次の日は、反対側にフィルムを貼り直して使うというドケチな使い方をしました(笑)
※※あくまで私が試した方法ですので、皆様はちゃんと用法をお守りください。※※

3.吸いたくなったら、ニコチンフリーのたばこを吸う

依存はニコチン依存だけでなく、習慣的な依存もがあります。

過去に1度ニコチンパッチで禁煙成功しかけましたが、過去に失敗しています。不意にくる吸魔にやられ、吸ってしまったのです。

旅行先、ドライブ中、タバコ吸う人との打ち合わせなんかがやばいですね。
タバコを吸ってしまうともう一からやり直しと思ってもいいと思います。

この習慣性の依存を予防するのが、ニコチンフリーのたばこです。

このニコチンフリーのたばこについては、様々な種類のものがあるようで、ちゃんと調べることが大事だと思います。

ちなみに私は、韓国製のよもぎタバコというのを吸っていました。
韓国では医療や美容などによもぎが重用されているそうです。
依存性も全くありません。

 

今でもよもぎタバコをストックしているので、精神的にも安心なんです。

 

4.それでもどうしても吸いたくなったら・・・

もしくは、たばこを吸わないといけない状態になってしまったら時とかでしょうか。

飲み会などで、たばこを吸わない人からすれば、あり得ないことですが、たばこやめたことにたいしてたばこを吸っている上司・同僚・友人にたいして妙な罪悪感を感じることがあるんです。

ニコチンフリーのたばこを吸っていればいいとおもうのですが、この類のタバコ、如何せん臭いのです。(臭くないのもあるかも)

匂いだけなら普通のタバコより迷惑かもしれません。

そんな時、使えるのが「ふかしタバコ」です。
肺に入れずに舌で、味わう葉巻のようなイメージです。
やめて3か月くらいの時にどうしても吸いたくなり、1本だけ「ふかしタバコ」してみたのですが、タバコを吸った時と同じ感覚になりました。
しかも依存せず満足したんです。

※当然、ふかしタバコに使うのは無添加のタバコ(アメスピ等)の方がいいですね。
※本数増えると意味ないと思います。

気持ちの面で気を付けたこと

  1. 吸ったら一からやり直しと思う
  2. ニコチンを吐き出す・浄化するという気持ちで
  3. 「禁煙している」ではなく「たばこやめました」という気持ち
  4. 自分の性格を知り、無理せずに誤魔化すんです。
    記載した方法に限らず、タバコを吸わないように仕向けるようにすることが大事です。

まとめポイント

とにかく禁煙を始める前に準備を万端にしておくという事が最大ポイントだと思います。

たばこをやめて変わったこと(良くなったこと)

家が臭くない
たばこを吸う人によってもたばこの臭いは嫌なんですよね。

出費が減った
単純に1日400円 × 365日 = 146000円は浮いていることになります。
実感はないですが、間違いなく出費は減っています。
それと、これは最近気づいたのですが、気づいたら、缶コーヒーやジュースの量も激減しました。
たばこはカートで買わず、都度コンビニに買いに行っていたのですが、その度に、缶コーヒーやジュースなんかを買っていました。
今は、タバコを買いに行くことがなくなったため、コンビニ自体行くことが激減し、缶コーヒーやジュースを飲む量も1/10くらいになりました。

病気の不安が減った
健康面では大きな実感はないのですが、将来の病気の不安が少し減りました。
あとごくたまにランニングをするんですが、以前は肺が痛くなる感覚があったのですがそれが無くなりました。肺が柔らかくなった気がします。

たばこをやめた人に聞いてみたかったこと

今でも吸いたくなることはある?

3年経った今では全くないです。
(こうして禁煙に関する記事を当時を想像しながらかけていますし。)

6ヶ月くらいは、少し吸いたくなることがあったと思います。

旅行や海や山などの自然に行く楽しみが半減する?

⇒ 問題ないです
たばこのこと自体忘れていますので、たばこが無くても、自然を楽しめます。 

コーヒー・食事の美味しさが半減する?

⇒ 問題ないです
普通に美味しいです。
ただ、よく「ご飯がおいしくなったと」聞きますがこれはイマイチ分かりません(実感できませんでした)

たばこを吸っている人と会う時、吸いたくなる?

⇒ 問題なしです
止めたらいいのにと思えるようになります。

やっぱり太る?

⇒ 太ってないと思います(多分)。
確かに口寂しさから、お菓子なんかを食べる量が増えると思いましたが、上でも書きましたが、コンビニに行く機会が激減したため、缶コーヒーやジュースは1/10くらいになったと思います。なんで太ってはないと思います。

最後に、とにかくタバコをやめたことで、気分的にはスッキリしています。
出費については、上でも書きましたが、健康を害するために出費するってやっぱり馬鹿らしいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AlphaOmega Captcha Classica  –  Enter Security Code