CKEditorでTHやTDタグに追加したクラスが消えないようにする

WEBサイトの更新システムなどでよく利用される、WYSIWYGエディターのCKEditor、すごく便利です。

管理画面を導入する必要があるサイトへはよく導入しています。

CKEditorはデフォルトで、ソースエディターで直接、thやtdタグ などへclassを付けた場合に、
自動的に削除してしまう仕様になっています。

これを許可するようにしたい場合は、config.js のファイルのプロパティを編集します。

対象ファイル:/ckeditor/config.js
「 config.allowedContent = true; 」を追加すると消えなくなくなります。CMS

関連記事

WordPressで関連記事を設置(プラグインなし・レスポンシブ対応)

Adobe CC値上げ!?価格の改定の発表で不安な声続出

Fireworksをまだ使い続ける理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です