WordPressの入力欄をカスタマイズ。カスタム投稿タイププラグイン[ Advanced Custom Fields ]

WordPressの入力欄をカスタマイズ。カスタム投稿タイププラグイン[ Advanced Custom Fields ]

WordPressのカスタム投稿タイプって知っていますか?

決まったパターンなどの投稿に使える入力欄を拡張できる機能です。
投稿の入力欄にパターンを設け、投稿できるようになります。

使いこなせば、入力欄をカスタマイズすることで、
WordPressを独自的にし、より使いやす物にする事ができます。

ただ、なかなか導入が分かりにくく難しいのです。

でもプラグインの「Advanced Custom Fields」を使用すれば、とても直感的にカスタム投稿タイプを実現できます。

クライアント向けにWordPressを提供しているなら、ほぼ必須のプラグインではないでしょうか。

「特定のカテゴリの場合のみ使用」などの条件も指定できるので、
日記などの通常の投稿は通常のエディタのみ、特定のカテゴリの場合は、カスタム投稿タイプを使用ということもできます。

用途として、
賃貸などの「不動産物件情報」「店舗情報」などです。

他にもクライアントが更新に使う場合にも役に立ちます。
例えば、「スタッフ情報」や「お客様の声」など名前、コメントなど決まった入力フォームがあれば、
「レイアウトが崩れた!」なんて事は無くなります。

設定方法

プラグインをインストール、有効化の後に、
ダッシュボード左メニューに表示される「カスタムフィールド」より、設定ができるようになります。

フィールドグループの編集画面に移動しますので、
まずは「新規追加」をクリックします。

グループのタイトルを決めます。
例として、「スタッフ情報」と入れます。

次にフィールドを追加をクリックして、入力欄を追加します。

 

例のスタッフ情報なら、
スタッフの名前、コメント・趣味などを入力項目として、追加します。

また、画像もこのフィールドを使って登録できるようになります。

フィールドラベル 入力欄の名称です
分かりやすい名称を入れます
例:スタッフの名前
フィールド名 半角英字およびアンダースコアで入れます
主に、テーマのテンプレート中に読み出す時に使います
例:staff_name
フィールドタイプ

テキストや、ラジオボタン、テキストエリア、画像などを設定できます

 
フィールド記入のヒント

入力のHELP的なことを記載します

 
必須か?

必須にすると、入力が無い場合、投稿できないようになります(便利です)

 
選択し

ラジオボタンやセレクトボックスの場合は「選択し」が表示されます

t1:タイプ1
t2:タイプ2
t2:タイプ2
t3:タイプ3

フィールドの設定が終わったら、ルールを決めます。

例えば「お知らせ」というカテゴリのみにこのフィールドを表示したい場合、[Post Category] [等しい] [お知らせ] と設定します。

新規投稿の場合、「お知らせ」のカテゴリにチェックを入れると、自動的にフィールドが切り替わります。

フィールドの呼び出し方

テンプレートに設定したフィールドを呼び出したい場合は、下記のように記載します。

 

アーカイブページとして、「category-staff.php」等でスラッグに対応した、テンプレートを作成、
カスタムフィールドを呼び出せば、スタッフ一覧のページが作れたりします。

 

 

WordPressプラグインカテゴリの最新記事