WordPressの内部SEOは、無料テーマ&プラグイン「All in One SEO」でOK

Pocket

「賢威」などの有料テンプレートがありますが、効果はあるのでしょうか?

こういった情報商材系のSEOテンプレートは、
TitleやH1などのタグの振り分け方に特徴があります。

例えば、H1というBody内で一番重要なタグに何を設定するか。
などです。効果があるのは、SEOとして上位に表示させたいワードですが、
記事ページなどのサブページでは、投稿のタイトルがh1に設定され、SEO効果が高くなる。
などです。

実は最近のWordPress内でダウンロードできる無料テーマは、
こういった設定がされているテーマが一般的になってきています。

WordPress内の人気のテーマを使用すれば、
基本的には、SEO目的でテンプレートを購入する必要は個人的には、無いと思っています。
人気のテーマはデザインも洗練されています。

ですので、個人的には、無料テーマとプラグイン「All in One SEO」でOKだと思います。

デザインもSEOとして重要なら、情報商材系のテンプレートのデザインは、イマイチかもしれません。

ただ、「賢威」のテンプレート購入時のSEOコンテンツは、評価が高いようですね。

SEOプラグイン「All in One SEO」

SEOプラグイン「All in One SEO」は、簡単にSEOキーワード等の設定ができるプラグインです。

WordPressで、プラグイン「All in One SEO」をインストールしたら、ダッシュボード左メニューよりAll in One SEO > 一般設定から設定ができます。

「キーワード」とは、検索時に上位に表示させたいワードです。
例:株、フリーソフト・・・など

その他、下部の設定項目については、基本的には、そのままでいいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AlphaOmega Captcha Classica  –  Enter Security Code